actions

岐阜県現代陶芸美術館

岐阜県現代陶芸美術館(ぎふけんげんだいとうげいびじゅつかん、Museum of Modern Ceramic Art, Gifu)は、岐阜県多治見市にある岐阜県運営の公立美術館

セラミックパークMINOの中核施設として2002年10月12日に開館した。

概要

近現代の陶芸を専門としており、19世紀末以降の国内外における個人作家の陶芸作品、実用陶磁器、産業陶磁器を収集・所蔵し、展覧会を開催している。[1]

2008年(平成20年)に発足した日本の陶磁専門公立博物館で構成される組織「陶磁ネットワーク会議」の創立メンバーである[2]

建築

岐阜県現代陶芸美術館が存在するセラミックパークMINO全体が磯崎新による設計である。建物のタイルやレンガなどは地元陶磁器製品を多用されている。美術館展示室には、吊り免震構造で世界初となる「並進振子免震システム」を採用している[3]

開館時間等

  • 開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日 月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)・12月29日~1月3日

交通アクセス

脚注

関連項目

外部リンク