操作

山崎の戦い


山崎の戦い(やまざきのたたかい)

天正 10 (1582) 年6月 13日に山城国乙訓郡大山崎村周辺で行われた豊臣秀吉明智光秀の戦い。同年6月2日本能寺で織田信長が光秀の反逆にあって死ぬと,備中高松城を攻略中であった秀吉は,ただちに毛利氏と和し,中国在陣中の織田方の武将を率いて東上し,尼崎を経て同 12日天神馬場に着き,光秀は京都から大山崎に出てこれと対陣,翌 13日早朝天王山で戦端が開かれた。光秀の軍は敗色が濃く,一時青竜寺城に退いたが,伏見山崎に入った秀吉の急追が激しく,光秀は再挙をはかるため居城坂本に逃れようとして伏見を過ぎ,小栗栖 (おぐるす) を通過中殺害された。この戦いで秀吉は全国統一への主導権を握った。



Rakuten 楽天市場検索: