操作

少林寺拳法

少林寺拳法(しょうりんじけんぽう)

日本の拳法。少林拳(少林寺)はじめ中国各地の武術の技法と,日本古来の武道を整理,編成してつくられたとされる。中国で各種拳技を修得した宗道臣が,第2次世界大戦後の 1947年に青少年育成を目的に香川県多度津町で創始,普及させた。今日では現代武道の一つとされ,全国高等学校総合体育大会の実施競技の一つとなっている。少林寺拳法連盟は日本武道館などとともに日本武道協議会を構成する。

脚注



Rakuten 楽天市場検索: