操作

フェンシング

 フェンシング
統括団体 国際フェンシング連盟
起源 19世紀ヨーロッパ
特徴
身体接触
選手数 1対1
男女混合
カテゴリ 屋内競技
用品
オリンピック 1896~
テンプレートを表示

フェンシング: fencing

西洋式の剣術から発達したスポーツ。剣を片手に持ち,1対1で互いに相手を突き,または切ることで得点を競う。中世のヨーロッパで刀剣の出現とともに始まった戦闘武術が発達し,18世紀以降,競技として完成した。 1896年の第1回アテネ・オリンピック競技大会から正式競技となり,1913年に国際フェンシング連盟 FIEが設立された。日本には明治初期に紹介され,1936年に大日本フェンシング協会が設立,1947年に日本フェンシング協会として再結成された。競技用の剣はフルーレエペサーブル (サーベル ) の3種があり,使用する剣の名がそのまま種目名となっている。競技はピストと呼ばれる細長い試合用の台上で行なわれ,定められた有効面を突き,切ることによって得点 (トゥシュ) となる。男女とも個人,団体戦がある。 1922年,突きなどを電気で判定する審判器がエペで最初に導入された。

1936年ベルリン・オリンピック競技大会で公式採用されて以降,すべての種目で使用されている。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: