操作

小石川区

小石川区
廃止日 1947年3月15日
廃止理由 新設合併
本郷区小石川区文京区
現在の自治体 文京区
廃止時点のデータ
地方 関東地方
都道府県 東京都
総人口 43,444
(人口調査、1945年11月1日)
隣接自治体 本郷区、神田区麹町区
牛込区淀橋区豊島区
小石川区役所
所在地 東京都小石川区同心町30
座標 東経139度44分45.5秒北緯35.70806度 東経139.745972度35.70806; 139.745972
 表示 

小石川区(こいしかわく)とは、東京府東京市東京都にかつて存在した区である。現在の文京区の西部に位置していた。

歴史

沿革

テンプレート:小石川区の発足時の町名

  • 1880年(明治13年)9月 - 新小川町一丁目、新小川町二丁目、新小川町三丁目を牛込区に編入。
  • 1889年(明治22年)5月1日 - 市制町村制の施行に伴う東京市の設置により、以下の再編が行われた。
    • 巣鴨町一丁目、巣鴨町二丁目、巣鴨町三丁目、巣鴨町四丁目、小石川大塚辻町飛地を北豊島郡巣鴨町に編入。
    • 高田老松町、高田豊川町、雑司ヶ谷町の各一部を北豊島郡北豊島郡高田村に編入。
    • 北豊島郡の以下の5村の各一部を編入(カッコ内は残部の編入先)。1891年まで「区」の中に「村」が存在していた。
      • 小石川村(高田村)
      • 雑司ヶ谷村(高田村)
      • 巣鴨村(高田村、巣鴨町、巣鴨村
      • 高田村(高田村、戸塚村
  • 1891年(明治24年)
    • 小石川村の一部の区域に小石川氷川下町(現大塚、千石)、小石川村と久堅町のそれぞれ一部の区域に白山御殿町(現白山、小石川)を設置。
    • 巣鴨仲町、巣鴨原町、巣鴨駕籠町を、それぞれ小石川西丸町、小石川西原町、小石川駕籠町に改称。
  • 1911年(明治44年)
    • 小日向台町と小日向水道町を除き、町名の「小石川」「小日向」の冠称を廃止。
    • 小石川春日町の全域、小石川町の一部の区域に春日町一丁目、春日町二丁目、春日町三丁目(現春日、後楽、小石川、本郷)を設置。
  • 1925年(大正14年) - 掃除町を八千代町に改称。
  • 1931年(昭和6年) - 関東大震災1923年)で焼失を逃れたことにより「不良住宅地区」(湿地・窪地・袋地などに貧しい長屋が建ち並ぶ地域)の震災復興事業がなされず、東京で最も不良住宅地区が多い区となる[1]
  • 1943年(昭和18年)7月1日 - 東京都制が施行され、東京市と東京府が廃止され、東京都を設置。
  • 1940年(昭和15年)
    • 小石川町を小石川町一丁目、小石川町二丁目に分割。
    • 西富坂町、下富坂町、上富坂町、中富坂町、餌差町の全域と、仲町の一部の区域に富坂一丁目、富坂二丁目を設置。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 本郷区と合併して文京区を新設。

交通

鉄道

  • 東京都電車(廃線)
    • お茶の水線、水道橋線、白山線、巣鴨線、切通線、富坂線、大塚線、江戸川線、護国寺線、池袋線

江戸川橋駅護国寺駅帝都高速度交通営団(現東京メトロ有楽町線)、茗荷谷駅新大塚駅(東京メトロ丸ノ内線)、および千石駅都営地下鉄三田線)は開業していなかった。

著名な出身者

脚注

  1. 『東京大学が文京区になかったら: 「文化のまち」はいかに生まれたか』伊藤毅、 樺山紘一、 初田香成、 橋元貴、 森朋久、 松山恵、 赤松加寿江、 勝田俊輔、NTT出版, 2018, p100

関連項目