actions

西巣鴨町

西巣鴨町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
西巣鴨町巣鴨町高田町長崎町東京市豊島区
現在の自治体 東京都豊島区
廃止時点のデータ
地方 テンプレート:地方区分東京府
都道府県 東京府
北豊島郡
面積 3.82km2.
総人口 115,654
(1930年10月1日)
隣接自治体 北豊島郡巣鴨町高田町長崎町板橋町滝野川町
東京市小石川区
座標 東経139度43分8秒北緯35.73278度 東経139.71889度35.73278; 139.71889
 表示 

西巣鴨町(にしすがもまち)は、かつて東京府北豊島郡に存在したの一つ。1918年大正7年)に町制施行して誕生した。元の武蔵国豊島郡巣鴨村(すがもむら)。現在の東京副都心の一つである池袋が属していた。

地理

現在の豊島区中部地域の北半分であり、地名では池袋池袋本町上池袋西巣鴨のほぼ全域と北大塚二丁目、巣鴨四・五丁目、西池袋一・三・四丁目、南大塚三丁目の大半、東池袋四・五丁目の南部を除く大半、南池袋一丁目の一部に相当する。

武蔵野台地の東端部にあたる平坦な大地で、東南から西北にかけて傾斜する。

地名

  • 大字 巣鴨
    • 字 庚申塚、新田、宮仲、向原
  • 大字 池袋
    • 字 下谷、本村、他領、西山、蟹ヶ窪、原、上、向原、中原、大原、丸山、境井田、前田、宮下、雲雀ヶ谷戸、三家、元長崎他領、元長崎中原、元長崎境向
  • 大字 堀之内
    • 字 南、北、原新田

歴史

奈良時代にはこの周辺は「武蔵国豊島郡湯島郷」と呼ばれていた。湯島郷は現在の豊島区西部、文京区中央区北部南部あたりを占めるかなり広大な地域であった。

巣鴨の地名は古くから存在した。『武蔵国風土記』には足立郡巣鴨郷とあり、かつては足立郡に属した可能性もあるが、江戸時代までには豊島郡に属するようになった。古くは洲鴨、須賀茂、須賀母、菅面、洲處面などとも書いたが、徳川吉宗により「巣鴨」に統一された。巣鴨村は江戸時代には戸田領に属した。さらに巣鴨村に属する地域のうち、中山道に接する地域は早くから町として発展し、1737年元文2年)には巣鴨町上組・中組・下組として独立した。

明治時代当時最も賑わっていたのは大塚駅周辺で、東京府でも屈指の繁華街であった。池袋駅周辺が発展を見せるのは戦後である。特に関東大震災以降、東京市内からの移住者で人口が急増し、10万人を突破するまでになった。

町役場は時習尋常高等小学校内にあった(後に帝京平成大学池袋キャンパスが所在)。

沿革・年表

行政

施設

経済

産業

  • 主な産業:工業盛ん。農業はほぼ消滅。
    • 商業:関東大震災以降活発となる。
    • 工業:増加傾向にある。
    • 農業:かつては盛んであったが、耕地が住宅地、工業用地となってしまいほぼ消滅した。

地域

教育

医療

交通

鉄道

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

神社

宗教

遺跡・その他

出身・ゆかりのある人物

子爵渋沢栄一の三男で、西巣鴨町に居住していた[1]

脚注

  1. 1.0 1.1 『人事興信録 第12版 上』シ51頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月22日閲覧。

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 北豊島郡農会編『北豊島郡誌』北豊島郡農会、1918年大正7年)11月10日発行、1979年(昭和54年)9月25日復刻版発行。

関連項目