actions

概要

(しょう)は、自衛隊の階級区分の一つ[1]

最高位であり、将補の上に位置する。基本的に旧軍等の中将に相当するが[2]統合幕僚長陸上幕僚長海上幕僚長および航空幕僚長たる将は大将に相当する。

英呼称は、陸上(航空)自衛隊:General(ジェネラル)(英語版防衛白書)[3]または Lieutenant General(リューテナント・ジェネラル)[4][5][6]、海上自衛隊:Admiral(アドミラル)(英語版防衛白書)[3]または Vice Admiral(ヴァイス・アドミラル)[4][7]

なお、フランスやイタリアなどのように陸軍および空軍将官の階級を部隊階梯によって表現する国の場合、陸将および空将はブラジルなど師団長を中将職とする国々と同様に『師団将軍』と呼称する。海将は従来通り『副提督』である。

また、補職によりアメリカ軍の大将、中将および少将の取り扱いを受ける階級が内在しており、中将相当の将の中でも方面総監等は中将相当に対し、防大幹事、師団長等の将の中将扱いは国内に限定されており、国外では少将として取り扱われる。


幕僚長たる将

幕僚長たる将[8]の英呼称は、陸上(航空)自衛隊:General(ジェネラル)、海上自衛隊:Admiral(アドミラル)と呼称する。また他の将官の階級と区別するため、Full General(フル・ジェネラル)、Full Admiral(フル・アドミラル)と呼称することもある。

なお、こちらも部隊階梯で表現する国の場合、陸将および空将は単にgeneralと表現するか、ブラジルなどと同様に『軍の将軍』呼称する。海将は概ね[9]従来通り『提督』である。

補職

将の補職は、上記のものを含めて全て指定職であるが、現在、幕僚長に関しては認証官とすることが政策として検討されている[10]

脚注

  1. 自衛官の階級 防衛省
  2. 自衛隊及び各国軍隊の定年年齢(参考15)防衛省改革会議資料
  3. 3.0 3.1 2012年英語版防衛白書
  4. 4.0 4.1 新和英大辞典,研究社
  5. 猪瀬直樹の「眼からウロコ」 しがらみに捉われなければ正しい答が出せる
  6. 階級章(アメリカ空軍及び航空自衛隊)アメリカ空軍資料
  7. 階級章 海上自衛隊
  8. 統合幕僚長および云々では余りにも表現が長すぎるため、中国や台湾を参考にして、便宜上、四星(よつぼし)陸(海、空)将と表現した方が良いのではとの声もある。
  9. ブラジル海軍はAlmirante-de-Esquadraと表現し、Almiranteは元帥位である。
  10. 第186回国会 外交防衛委員会 第21号 平成26年6月5日

関連項目

軍隊における階級呼称一覧