actions

寄生火山

テンプレート:翻訳直後

ファイル:FormicaLeo & PitonDeLaFournaise 2.jpg
レユニオン島のピトン・デ・ネージュEnglish版火山。背後の大きい火口とともに手前の寄生火山が見える。

寄生火山英語: parasitic cone)は、火山の中央火口の一部ではない、錐系の火山堆積物である。これは、山腹からの割れ目噴火で形作られる。これらの割れ目は山腹の崩壊で発生する。ついには、割れ目がマグマ溜まりに達し、割れ目噴火と呼ばれる噴火が発生して寄生火山が作られる[1]。寄生火山はまた、中央火口とは異なる場所にあるマグマだまりが水路や貫入岩床を引き裂くことでも発生する[2]

寄生火山の例として、スコット山English版オレゴン州クレーターレイク国立公園マザマ山English版に寄生している。

複数の寄生火山がある変わった例として、大韓民国済州島がある。済州島には368の山があり、島の中心に存在する休火山の漢拏山からみていずれの方向にもごつごつした山腹が横たわっている。

脚注

  1. How Volcanoes Work-Volcano Types”. サンディエゴ州立大学 Department of Geologic Sciences. . 2016閲覧.
  2. (2003) Volcanoes, a Firefly Guide. Firefly Books. ISBN 1-55297-683-1. 

関連項目

外部リンク