操作

大鵬薬品工業

大塚ホールディングス > 大鵬薬品工業

大鵬薬品工業株式会社(たいほうやくひんこうぎょう、TAIHO Phamaceutical Co., Ltd.)とは、日本製薬会社。2009年1月から東京証券取引所1部上場大塚ホールディングス傘下の事業会社となっている。

社名は大相撲横綱大鵬幸喜の名前にちなんだものではなく、荘子の「逍遙遊篇」のについて書かれた一説に由来する(ただし、大鵬幸喜の四股名も当社と同じく荘子の「逍遙遊篇」の鵬について書かれた一説を由来としている。また、本社の大代表の電話番号は横綱の語呂合わせ4527となっている)。

親会社の大塚HD同様、読売新聞グループ本社日本テレビ放送網を筆頭とする読売グループとの関係が深い。チオビタドリンクの会社として有名である。

概要

1963年昭和38年)6月、大塚グループと、日本主要卸業者49社の出資により設立された。開発系の医薬ベンチャーとして知られており、「フトラフール」、「ユーエフティ」、「ティーエスワン」などの医家向けの抗がん剤においてトップシェアを誇っている。このほか、「チオビタドリンク」や「ソルマック」などの一般向けのヘルスケア品の製造・販売も行っている。

セロハンテープで知られるニチバンの要請により資本参加し、現在法人で筆頭株主である。また、1974年に経営破綻した近江兄弟社の再建を成功させている。

沿革

  • 1963年 - 設立
  • 1964年 - 栄養ドリンク剤「チオビタ・ドリンク」発売
  • 1974年 -
    • 薬専部門新設
    • 抗悪性腫瘍剤「フトラフール注・カプセル」発売
  • 1975年 - 「チオビタ・ドリンク」の広告展開を開始
  • 1976年 - ニチバンと業務提携し、資本参加
  • 1978年 -
    • 抗体化成工業と業務提携し、資本参加
    • 抗悪性腫瘍剤「フトラフールズポ・ズポS」
  • 1979年 - 液体胃腸薬「ソルマック」発売
  • 1980年 - 抗悪性腫瘍剤「フトラフールE顆粒」発売
  • 1981年 - 抗悪性腫瘍剤「フトラフールEカプセル・E錠・ズポN」発売
  • 1982年 - ミニドリンク剤「チオビタゴールド」発売
  • 1984年 - 抗悪性腫瘍剤「ユーエフティー」、「フトラフールEズポ・EズポS」発売
  • 1985年 - 解熱鎮痛薬「ペレタック顆粒」発売
  • 1986年 -
    • 本社を現在地(東京都千代田区神田錦町1-27)に移転
    • 液体胃腸薬「ソルマックS」発売
  • 1988年 - 抗悪性腫瘍剤「ユーエフティー」に細粒タイプ(ユーエフティ細粒)を追加
  • 1989年 - 社名表記を「大塚グループ・大鵬薬品工業」から「大鵬薬品」に変更
  • 1990年 -
    • 心泉医薬の株式を取得し、資本参加
    • 水虫薬「ポリカイン」発売
  • 1992年 -
    • 心泉医薬の商号を岡山大鵬薬品に変更
    • 抗悪性腫瘍剤「ユーエフティーE顆粒」発売
  • 1993年 -
    • 尿失禁治療薬「バップフォー」発売
    • 輸液製品の販売を大塚製薬へ移行
    • 会社マーク・社名ロゴを変更
  • 1995年 -
    • 大鵬ファインケミカルを吸収合併
    • 「チオビタドリンク2000」発売
  • 1997年 - 会社マークを前仕様に戻す
  • 1999年 - 抗悪性腫瘍剤「ティーエスワンカプセル20・25」を発売
  • 2000年 - 鎮痛消炎薬「ザハップ」、健胃消化剤「ソルマック胃腸液」、水虫薬「新ポリカイン」を発売
  • 2001年 - 頻尿・尿モレの為の生薬製剤「ハルンケア内服液」を発売
  • 2002年
    • 創業40周年を記念し、社史を刊行
    • 健胃消化剤「ソルマックS胃腸液」、ドリンク剤「チオビタドリンク1000」を発売
  • 2003年 - フィルムタイプのトローチ剤「ペレックストローチ」、液体胃腸薬「ソルマックEX」発売
  • 2004年12月 - 外用鎮痛消炎薬「ゼノール」の販売権を取得。2005年4月に当社の製品として4アイテム(エクサムSX・チックE・しっぷぴたっと・しっぷ温感)を発売。
  • 2005年4月 - 国内製薬会社初のTRUSTe認証を取得
  • 2006年 - 外用鎮痛消炎薬「ゼノールエクサムFX」、頻尿・尿モレ用薬「ハルンケアゼリー」、健胃消化剤「ソルマックゴールド胃腸液」を発売
  • 2007年 - 外用鎮痛消炎薬「ゼノールエクサム液ゲル」、生薬製剤「扁鵲(へんせき)」を発売
  • 2008年9月 - 乾燥性皮膚治療薬「ウレパールプラス」シリーズの販売を譲受、リニューアル発売
  • 2009年
    • 1月 - 大塚ホールディングスの完全子会社となる
    • 6月 - 抗悪性腫瘍剤「ティーエスワン配合顆粒T20・T25」を発売
    • 8月 -
      • 「ソルマック」を処方改良した「ソルマックプラス」を発売
      • 万有製薬株式会社(現・MSD株式会社)が保有していたつくば研究所の土地・建物および設備の一部を買収
    • 10月 - フェルビナク配合温感テープ剤「ゼノールテープ35温」発売
    • 11月 - 液体胃腸薬「ソルマックEX2」を発売
  • 2010年6月 - 医薬品ドリンク剤「チオビタドリンクアイビタス」発売
  • 2011年5月 - 外用鎮痛消炎薬「ザハップフェルビナクS」発売
  • 2014年3月 - アステラス製薬株式会社から醗酵創薬研究に関する資産(醗酵ライブラリー、設備・機器、ITシステム)などを譲り受ける。
  • 2015年6月 - 指定医薬部外品ミニドリンク剤「チオビタゴールドα」発売
  • 2016年4月 - 香港で「Tiovita 3000(中国名:速健能3000)」を発売[1]

テレビCM出演者

現在

過去

チオビタドリンク
チオビタドリンク2000
ソルマック

提供番組

現在

過去

関連項目

  • 大塚製薬工場 - 「ウレパールプラス」・「新ポリカイン」の製造販売元

脚注

外部リンク