操作

大阪スタヂアム

大阪スタヂアム
Osaka Stadium
施設データ
所在地 大阪府大阪市浪速区難波中二丁目8-110
座標 東経135度30分6.1秒北緯34.661806度 東経135.501694度34.661806; 135.501694
起工 1950年昭和25年)1月
開場 1950年(昭和25年)9月12日
閉場 1998年平成10年)11月[1]
所有者 大阪スタヂアム興業
グラウンド 外野のみ天然芝(高麗芝)
照明 照明灯 - 6基
照度 - バッテリー間:2600ルクス
内野:2200ルクス
外野:1500ルクス
設計者 坂倉準三
収容能力
31,379人(公称32,000人)
 特別席6,609人、内野席12,024人、
 外野12,746人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 91.5 m (約300.2 ft)
左中間・右中間 - 109.7 m (約359.9 ft)
中堅 - 115.8 m (約379.9 ft)
バックネット - 18.3 m (約60.0 ft)
フェンス 両翼 - 5.5 m (約18.0 ft)
左中間・右中間 - 3.8 m (約12.5 ft)
中堅 - 3 m (約9.8 ft)
表示

大阪スタヂアム(おおさかスタヂアム)

かつて大阪府大阪市浪速区難波中二丁目に存在した野球場プロ野球南海ホークス近鉄パールス大洋松竹ロビンスが本拠地として使用していた。通称は「大阪球場」(おおさかきゅうじょう)[2]南海難波駅の南口に面した駅前に存在したため、「ナンバ(難波)球場」という通称でも親しまれた。



Rakuten 楽天市場検索:



  1. ただし、野球場としての使用は1990年が最後であった。
  2. 「大阪スタヂアム」および「大阪スタヂアム興業」は大阪球場を運営する事業者の名称であり、球場正面看板および観戦チケットは「大阪球場」表記となっている。また、本球場の跡地に建設された「なんばパークス」のサイト[1]や南海球団の後身にあたる福岡ソフトバンクホークスのサイト[2]においても「大阪球場」の表記となっている。