操作

大県郡



ファイル:Osaka Ogata-gun.png
大阪府大県郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

大県郡(おおがたぐん)は、かつて河内国堺県大阪府にあった

郡域

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる[1]

  • 柏原市の一部(法善寺、大県、太平寺、安堂町、高井田、青谷、峠より北東)
  • 八尾市の一部(神宮寺)

歴史

古代

堅下郡堅上郡を併せ大県郡が成立。

式内社

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

テンプレート:河内国大県郡の式内社一覧
神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
凡例を表示

近世以降の沿革

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。○は村内に寺社除地[2]が存在。(11村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 ○青谷村
旗本領 1村 ○安堂村
幕府領・旗本領 1村 ○峠村
藩領 相模小田原藩 4村 ○法善寺村、○平野村、○高井田村、○本堂村
河内狭山藩 2村 ○神宮寺村、○大県村
幕府領・藩領 旗本領・小田原藩 1村 ○雁多尾畑村[3]
旗本領・小田原藩・備中浅尾藩 1村 ○太平寺村[4]
ファイル:Osaka NakaKawachi-gun 1889.png
21.堅下村 22.堅上村(赤:柏原市 1 - 8は丹北郡 11 - 13は高安郡 31 - 38は河内郡 41 - 52は若江郡 61 - 66は渋川郡 71は志紀郡)

脚注

  1. 住居表示実施地区の境界は不詳。
  2. 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. 寺社除地は後に河内県が管轄。
  4. 記載では旗本領・寺社領となっているが、「角川」では旗本領・小田原藩領・備中浅尾藩領の相給。廃藩置県後、浅尾藩領は浅尾県が、寺社除地は河内県がそれぞれ管轄。また『太政類典』の明治3年7月19日付の「浅尾藩郷村高帳調落等ニ付改正進達」で河内国大県郡大平寺村内高100石が浅尾藩管轄となっており、旧高旧領取調帳の誤記とみられる。

参考文献

関連項目

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
中河内郡