actions

大根仁

大根 仁(おおね ひとし、1968年12月28日 - )は、東京都国立市出身のテレビドラマ演出家映画監督オフィスクレッシェンド取締役。

経歴

ドラマ『北の国から』の第1回を見た時に衝撃を受け、その後たまたま書店で見つけた『北の国から』のシナリオを手に取ったことからドラマ作りに興味を持った[1]。映像系の専門学校に進学し、在学中に制作したPVが当時専門学校に講師で来ていた映画監督・堤幸彦の目に留まり、その縁で堤と秋元康が作った番組制作会社「SOLD OUT」に入社。

ヴァンパイアホスト』、『30minutes』、『ライオン丸G』、『週刊真木よう子』、『湯けむりスナイパー』、『モテキ』などテレビ東京を中心に多くの深夜ドラマの演出を手がけた。

2012年、ドラマの劇場版であり初監督映画の『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞[2]

作品

テレビドラマ

映画

アニメ

舞台

ミュージック・ビデオ

バラエティ番組

出演番組

受賞歴

脚注

関連項目

外部リンク