<html>タグは通常ページ以外では使用できません。

 操作

国道369号

一般国道
国道369号
総延長 128.1 km
実延長 085.9 km
現道 078.4 km
制定年 1975年指定
起点 奈良県奈良市
二条大路南一丁目交差点(地図
主な
経由都市
奈良県宇陀市宇陀郡御杖村
終点 三重県松阪市
大黒田西交差点(地図
テンプレート

国道369号(こくどう369ごう)は、奈良県奈良市から三重県松阪市に至る一般国道である。

終点側の単独区間は国道368号との交点までとなっており、その後は国道368号と重複、さらには途中で国道166号との重複に変わり、松阪市に至っている。

概要

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

路線状況

バイパス

  • 榛原バイパス
  • 栂坂バイパス
    • 弁財天トンネル(L=923 m)、石楠花トンネル(L=430 m)、栂坂トンネル(L=1,827 m)の3つのトンネルを含んだバイパス延長は4,520 mである。

別名

道の駅

交通量

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 奈良市二条大路南1丁目:43,185
  • 奈良市登大路町:31,188
  • 奈良市川上町:9,003
  • 奈良市忍辱山町:3,558
  • 奈良市阪原町:3,016
  • 奈良市柳生町:1,068
  • 奈良市水間町:2,444
  • 奈良市針町:4,573
  • 奈良市都祁白石町:11,291
  • 宇陀市榛原区玉立:3,769
  • 宇陀市榛原区内牧:3,843
  • 宇陀郡曽爾村大字掛:3,570
  • 宇陀郡御杖村大字菅野:2,039

地理

通過する自治体

交差する道路

(右の「表示」を押す)

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2005年4月1日に奈良市へ編入。
  3. 2006年1月1日に3町1村が合併して宇陀市発足。
  4. 2006年1月1日に津市ほか1市6町2村が合併して津市発足。
  5. 2005年1月1日に松阪市ほか3町が合併して松阪市発足。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 6.6 2015年4月1日現在
  7. 重複区間を除く

出典

関連項目