actions

国道307号

ファイル:Nashima 芝新田 Joyocity Kyotopref Route 307 mile Post.JPG
京都府城陽市奈島字芝新田にある距離標識

国道307号(こくどう307ごう)は、滋賀県彦根市から大阪府枚方市に至る一般国道である。

概要

滋賀県の甲賀・東近江・湖東地区と京阪神地域を結ぶ延長110 kmの一般国道で、滋賀県の東部に位置する彦根市の国道8号分岐から近江盆地南部を下り、笠置山地(信楽山地)を東西に走って裏白峠を越えて、大阪府の北東部に位置する枚方市で国道1号と接続する。主な通過地は滋賀県多賀町東近江市日野町甲賀市京都府京田辺市である。起点・彦根市から多賀町まで約6 kmにわたり国道306号と重複し、多賀町で国道306号から分岐して単独区間となる。名神高速道路とは湖東三山スマートインターチェンジ (SIC) と、また新名神高速道路とは信楽インターチェンジ (IC) で接続し、沿線市町村の生活道路であるとともに、名神・新名神高速道路のアクセス道路として重要な路線に位置づけられる。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

路線状況

枚方市内の部分を除いてはほとんど渋滞もなく、概ね全線快走できる国道である。ただし、宇治田原町奥山田地区において1.5車線の未改良区間が存在し、大型車の離合に支障をきたしている。そのため、同区間を迂回する奥山田バイパスが事業化されている。なお、この区間を除けばほとんど改良が進み、離合困難な区間はない。近年では、国道1号の京都市街地を迂回する裏道的な性格も強くなってきた。また、2008年(平成20年)2月には新名神高速道路と接続し、関西各方面からのアクセス道路として重要な役割を担いつつある国道である。

重複区間

  • 国道306号(彦根市・外町交差点 - 多賀町・多賀交差点)
  • 国道422号(甲賀市信楽町立石橋交差点 - 甲賀市信楽町下朝宮石倉橋交点)

愛称

  • 近江グリーンロード[注釈 7]
  • 田辺街道

バイパス

道路施設

道の駅

トンネル

  • 裏白トンネル(滋賀県甲賀市)
  • 茶屋トンネル(京都府宇治田原町)
  • 奥山田トンネル(京都府宇治田原町)
  • 大福トンネル(京都府宇治田原町)

主な橋

  • 福寿橋
  • 春日橋
  • 諸木大橋
  • 木津大橋
  • 別所橋
  • 水口大橋
  • 仙川新橋
  • 紫香楽橋

地理

通過する自治体

主な接続道路

管理区間

  • 彦根市 ~ 愛荘町 - 滋賀県湖東土木事務所
  • 東近江市 ~ 日野町 - 滋賀県東近江土木事務所
  • 甲賀市 - 滋賀県甲賀土木事務所
  • 宇治田原町 ~京田辺市 - 京都府山城土木事務所(京田辺市)
  • 枚方市 - 大阪府枚方土木事務所

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2005年2月11日に八日市市神崎郡永源寺町五個荘町愛知郡愛東町湖東町の1市4町が合併して、東近江市発足。
  3. 3.0 3.1 2004年10月1日に甲賀郡水口町甲南町甲賀町土山町信楽町の5町が合併して、甲賀市発足。
  4. 1997年4月1日に、綴喜郡田辺町が市制施行し、京田辺市発足。
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 2015年4月1日現在
  6. 重複区間を除く
  7. 滋賀県の一般公募により決定された愛称[5]

出典

  1. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2015閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 17. . 2017閲覧.
  3. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2015閲覧.
  4. 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和44年12月4日政令第280号)
  5. 道路の愛称”. 滋賀県 湖東土木事務所 道路計画課 (2010年6月25日). . 2013閲覧.
  6. 平成23年大阪府告示第482号:『大阪府公報』第3348号。
  7. 平成23年大阪府告示第481号:『大阪府公報』第3348号。
  8. きてみてひらかたマップ」枚方市。2012年7月28日閲覧。

関連項目