操作

国立国語研究所

国立国語研究所
正式名称 国立国語研究所
英語名称 National Institute for Japanese Language and Linguistics
略称 国語研
NINJAL
組織形態 大学共同利用機関
所在地 日本の旗 日本
190-8561
東京都立川市緑町10番地の2
北緯35度42分39秒
東経139度24分36秒
予算 10.7億円(2013年度)
人数

49人(2013年4月1日現在)

所長 田窪行則
設立年月日 1948年12月20日
上位組織 大学共同利用機関法人人間文化研究機構
所管 文部科学省
ウェブサイト http://www.ninjal.ac.jp/
テンプレートを表示

国立国語研究所(こくりつこくごけんきゅうしょ)は、大学共同利用機関法人人間文化研究機構が設置する大学共同利用機関の一つ。

概要

国語及び国民言語生活並びに外国人に対する日本語教育に関する科学的な調査研究並びにこれに基づく資料の作成及びその公表」を目的とする[1]

日本語の調査・研究をし、日本語学言語学日本語教育研究を主とした研究機関であり、大学や研究機関との共同研究を行っている[2]

文部省の機関→文化庁の機関→独立行政法人と設置形態が変遷し、2009年10月以降は学術研究を目的とした大学共同利用機関として、4研究系・3センター(理論・構造研究系、時空間変異研究系、言語資源研究系、言語対照研究系、研究情報資料センター、コーパス開発センター、日本語教育研究・情報センター)体制となっている[3]

沿革

月日 出来事
1948年 12月20日 国立国語研究所文部省の機関として発足。
設置場所は東京都新宿区の明治神宮聖徳記念絵画館内。
1954年 10月1日 東京都千代田区の旧・一橋講堂(現・学術総合センター所在地)内に移転。
1962年 4月1日 東京都北区稲付西山町(現・西が丘)の旧・駐留米軍接収地に庁舎を建設し、移転。
(現在はナショナルトレーニングセンターの宿泊施設アスリート・ヴィレッジの所在地)
1968年 6月15日 文化庁の新設に伴い、国立国語研究所は文化庁の機関に移行。
2001年 4月1日 国立国語研究所を国の機関から分離して独立行政法人に移行し、新たに独立行政法人国立国語研究所が発足。
2005年 2月1日 東京都立川市緑町に移転。
2009年 10月1日 大学共同利用機関法人人間文化研究機構が設置する大学共同利用機関に移行。独立行政法人としての組織は解散。

編集発行資料

単行物

  • 分類語彙表
  • 沖縄語辞典
  • 日本言語地図(全6巻)
  • 方言文法全国地図(全6巻)
  • 国定読本用語総覧(全12巻)

年刊

  • 国語年鑑(1954年~2009年)
  • 日本語教育論集(1983年~2009年)
  • 日本語教育年鑑(2000年~2009年)

半年刊

  • 日本語科学(1997年~2009年)

季刊

  • 国語研の窓(1999年~2009年)

月刊

  • 言語生活(1951年~1988年)

随時刊

  • 新「ことば」シリーズ(2000年~2009年)
  • 日本語教育ブックレット(2002年~2009年)
  • 日本語教育指導参考書(1978年~2009年)

所在地

歴代所長

氏名 就任期間
初代 西尾実 1949年1月31日1960年1月22日
2代 岩淵悦太郎 1960年1月22日~1976年1月16日
3代 林大 1976年1月16日~1982年4月1日
4代 野元菊雄 1982年4月1日~1990年3月31日
5代 水谷修 1990年4月1日~1998年3月31日
6代 甲斐睦朗 1998年4月1日~2005年3月31日
7代 杉戸清樹 2005年4月1日~2009年9月30日
8代 影山太郎 2009年10月1日~2017年9月30日
9代 田窪行則 2017年10月1日~

交通

脚注

関連項目

外部リンク