操作

唐津市

からつし
唐津市
地方 九州地方
都道府県 佐賀県
団体コード 41202-3
面積 487.59km2
総人口 119,398[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 245人/km2
隣接自治体 佐賀市伊万里市多久市武雄市東松浦郡玄海町
福岡県糸島市
長崎県壱岐市松浦市
市長
外部リンク 唐津市ポータルサイト
特記事項 市外局番0955
 表示 

唐津市(からつし)

佐賀県北部に位置する市。玄界灘に浮かぶ小川島加唐島神集島加部島馬渡島などと,唐津湾高島などを含む。東松浦半島の大部分を占め,南域を筑紫山地が囲む。1932年市制。1941年佐志町,1954年鏡村,久里村,鬼塚村,湊村の 4村,1958年切木村の一部をそれぞれ編入。2005年相知町,北波多村,厳木町,鎮西町,浜玉町,肥前町,呼子町の 6町 1村と合体。2006年七山村を編入。中心市街地の唐津は古来朝鮮半島への要津で,唐津の名は韓津にちなむ。慶長7(1602)年唐津藩主の寺沢広高が築城。舞鶴公園は旧本丸の跡。唐津港は唐津炭田の開発が進むにつれ石炭積出港として脚光を浴び,1889年特別輸出港に指定。初め松浦川の河口にあったが,1905年大型船舶の停泊に便利な西唐津に移転。1958年頃から石炭産業の不況に伴い唐津港を中心とする臨海工業地帯の建設が進められ,1967年九州電力佐賀火力発電所が操業を開始。醸造(味噌,醤油),工作機械,水産加工,土建材料などの工業が興った。なお桃山時代以来の伝統をもつ唐津焼の特産がある。市域には国の特別名勝の虹ノ松原,特別史跡の名護屋城跡および陣跡をはじめ,眺望に優れる鏡山,国の天然記念物である屋形石の七ツ釜,国指定史跡の谷口古墳菜畑遺跡など名所旧跡が多い。唐津くんちの曳山行事は国の重要無形民俗文化財に指定されており,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。島嶼部を含めた北部は玄海国定公園に,また一部で八幡岳県立自然公園天山県立自然公園脊振北山県立自然公園にそれぞれ属する。JR唐津線,筑肥線,国道202号線,203号線,207号線,204号線,323号線が通じる。面積 487.58km2。人口 12万2785(2015)。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: