actions

名張川

名張川(なばりがわ)は、淀川水系木津川支流奈良県三重県京都府の県境付近を流れる一級河川。奈良県内では五月川とも呼ばれる[1]

地理

奈良県宇陀郡御杖村高見山地三峰山北麓に発し、程なく奈良県から三重県に入って北流。比奈知ダム付近で西流に転じ、名張市街で青蓮寺川・宇陀川を相次いで併せる。市街地西部で大きく蛇行した名張川は渓谷を刻み、再び奈良県に入ったり、奈良・三重県境となったりを繰り返す。奈良市月ヶ瀬付近から、高山ダムが迫るため川面が谷全体に広がり出し、そのまま京都府に入る。高山ダムを過ぎるとすぐ、木津川に合流する。

流域の自治体

奈良県 
宇陀郡御杖村
三重県 
津市(旧一志郡美杉村)、名張市
奈良県 
山辺郡山添村
三重県 
伊賀市
奈良県 
奈良市(旧添上郡月ヶ瀬村
京都府 
相楽郡南山城村

主な支流

流域の観光地

並行する交通

道路

脚注

  1. #参考文献「月ヶ瀬村史」より

参考文献

  • 月ヶ瀬村史編集室編『月ヶ瀬村史』月ヶ瀬村、1990年、1頁 - 4頁