actions

内田五観

内田 五観(うちだ いつみ、文化2年(1805年)3月 - 明治15年(1882年)3月29日)は和算家である。通称は恭または弥太郎、は宇宙堂。

人物

文化12年(1815年)関流宗統五伝の日下誠(号を五瀬(いつせ))の算学塾に入門し、文政5年(1822年)18歳で宗統を譲られる。天保2年(1831年)に蘭学者高野長英に入門した。天保3年(1832年)『古今算鑑』を著す。天保5年(1834年)富士山高さ測量し、3475.7mの値を得て、『日本高山直立一覧』を著す。天保9年(1838年)韮山代官の江川英龍のもとで江戸湾の測量を行う。その後江戸幕府の職を辞し、私塾で門弟の指導にあたる。明治2年(1869年)陰陽寮が廃止されて大学校天文暦道局が設置されると、天文暦道御用掛に任じられ星学局督務などを務めたが、太陽暦への改暦によって天文局は廃止された。後に内務省度量衡の統一にかかわった。東京学士会院の創立時の会員でもある。

参考