操作

保科正之

保科 正之
時代 江戸時代前期
生誕 慶長16年5月7日1611年6月17日
死没 寛文12年12月18日1673年2月4日
幕府 江戸幕府大政参与
主君 徳川秀忠家光家綱
信濃高遠藩主→出羽山形藩主→陸奥会津藩
氏族 保科氏

保科 正之(ほしな まさゆき)

江戸時代初期の大名。幼名は幸松丸。江戸幕府 2代将軍徳川秀忠の四男。3代将軍徳川家光の異母弟。信濃高遠藩主保科正光の継嗣となり,のち会津藩主。4代将軍徳川家綱の補佐として,幕政に参与した。山崎闇斎の朱子学,吉川惟足の理学神道を信奉。著書『輔養編』『二程教録』『会津家訓』。(会津藩保科氏



Rakuten 楽天市場検索: