actions

三重交通グループホールディングス


三重交通グループホールディングス株式会社(みえこうつうグループホールディングス)は、三重交通三交不動産が設立した共同持株会社である。近鉄グループに属している。東京証券取引所名古屋証券取引所第一部上場[1]証券コード3232[2])。 いわゆる二重持株会社の問題点を抱えている。

概要

三重県全域と愛知県奈良県和歌山県の一部で乗合バス事業と貸切バス事業を運営する三重交通と愛知県、三重県を中心に不動産業を展開する三交不動産により2006年に共同持株会社として設立、株式所有による三交グループの連結経営の立案と実行を行う。2009年6月30日までの社名は株式会社三交ホールディングス(さんこうホールディングス)と三重交通の略称ブランドを用いたものであったが、「三重交通」(みえこうつう)ブランドの認知度をより深めるために現社名へ変更された。

沿革

  • 2006年
    • 9月26日 - 三重交通の上場廃止。
    • 10月1日 - 株式会社三交ホールディングス、株式を名古屋証券取引所第一部に上場。
    • 10月2日 - 株式会社三交ホールディングス設立。
  • 2007年
    • 4月1日 - 三重交通株式会社および三交不動産株式会社が会社分割を実施、両社より関係会社株式管理事業をそれぞれ承継。
    • 10月1日 - 近畿日本鉄道傘下の名阪近鉄バスを簡易株式交換により完全子会社化(近畿日本鉄道の三交HD持ち株比率が上昇)。
  • 2008年
    • 4月 - 三交液化ガス株式会社が、三交商事株式会社と合併(後者が存続会社)。
    • 12月1日 - 三交自動車サービス株式会社が、三重交通と合併(後者が存続会社)。
  • 2009年7月1日 - 三重交通グループホールディングス株式会社に社名変更。
  • 2014年
  • 2015年3月19日 - 東京証券取引所第一部にも上場[2][1]

グループ会社

三重交通グループは計27社(三重交通グループホールディングスを含む)で構成(2016年4月1日現在)され、運輸業・流通業・不動産業など多岐にわたる事業をしている。事業内容はそれぞれの項目を参照のこと。一部は近鉄グループの企業としても扱われる。

その他の関係会社

運輸業

不動産業

流通業

レジャー・サービス業

注釈

  1. 1.0 1.1 土屋渓(2015年3月20日). “三重交通:東証1部に上場”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. 2.0 2.1 東京証券取引所市場第一部への上場承認に関するお知らせ - 三交HD・IRニュース(2015年3月12日)
  3. 3.0 3.1 相馬敬「県営2施設 初の命名権 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿、伊勢」中日新聞2014年8月12日付朝刊、三重総合19ページ

関連項目

外部リンク

テンプレート:三交ホールディングス