actions

七宗町

ファイル:Kamiasou0002.jpg
七宗町上麻生地区の町並み
ファイル:Kabuchi village.JPG
神淵地区の風景
ファイル:Kabuchi branch.JPG
七宗町役場神淵支所

七宗町(ひちそうちょう)は、岐阜県にあるである。町名の「七」は地元の方言に基づき「ひち」と読む。「宗」は「みたまや(御霊舎、神の宿る場所)」を意味し、町の北部にそびえる峰々が古来より「七宗山」「七宗権現」と呼ばれ崇められてきたという歴史にちなんで、命名された。

地理

名古屋市から北に50kmほどに位置し濃尾平野からやや山地に入ったところに位置する。

隣接している自治体

歴史

沿革

  • 1952年(昭和27年)8月1日 上麻生村武儀郡から加茂郡に移った。
  • 1955年(昭和30年)2月11日 武儀郡神渕村と加茂郡上麻生村が合併し、加茂郡七宗村が発足。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 下麻生町の中麻生地区を編入。下麻生町の残りは、川辺町へ編入。
  • 1970年(昭和45年)、飛騨川河床から約20億年前の片麻岩(日本最古の石)が発見される。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 町制施行により、七宗町発足。
  • 2003年(平成15年)4月1日 美濃加茂市と加茂郡の6町1村(坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村)が、「美濃加茂市・加茂郡町村合併協議会」を設置。
  • 2004年(平成16年)12月31日 合併協議会解散。

人口

七宗町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

教育

小学校

中学校

交通

鉄道

道路

バス

道の駅

施設

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

観光

脚注


外部リンク