actions

レオ4世 (ローマ教皇)

レオ4世(Leo IV, 790年? - 855年7月17日

ローマ出身の第103代教皇(在位 847~855)。聖人。ベネディクト会修道士であり,教皇セルギウス2世(在位 844~847)から司祭枢機卿(カーディナル)に叙階され,その死後に教皇位を引き継いだ。サラセン人(サラセン)により 846年に破壊されたローマを再建し,攻撃に備えて都市を要塞化した。849年,イタリアの複数の都市と同盟軍を組んでオスチア沖に来襲したサラセン船団を打破し,854年には頻繁に攻撃を受けていたチビタベッキアを要塞化した。教会内部では,高位聖職者の不正行為に厳しい姿勢で臨んだ。強い影響力をもったランスの大司教ヒンクマルに対し,教皇の承認なしに帝国の臣下を破門したことを強くとがめた。また,教皇庁への忠誠を高めるため粛正をはかりサン・マルチェロ教会の枢機卿アナスタシウス(のちの対立教皇。在位 855~858)を破門した。祝日は 7月17日。



楽天市場検索: