操作

ルドルフ・カール・ブルトマン

Rudolf Karl Bultmann, 1884年8月20日 - 1976年7月30日

ドイツのプロテスタント神学者,聖書学者。マールブルク,テュービンゲン,ベルリンの各大学に学んだ。 1912年マールブルク大学講師,16年ブレスラウ,20年ギーセン,21年マールブルクの各大学教授。新約聖書研究に様式史的研究方法を導入した。またハイデガーの解釈学的存在論の影響を受け,聖書解釈に「非神話化」の方法を提唱した。主著『共観福音書伝承史』 Die Geschichte der synoptischen Tradition (1921) ,『イエス』 Jesus (26) ,『信仰と理解』 Glauben und Verstehen (33~52),『新約聖書神学』 Theologie des Neuen Testaments (48~53)



Rakuten 楽天市場検索: