操作

ルター

ルター.jpg

ルター Luther, Martin

[生] 1483.11.10. アイスレーベン
[没] 1546.2.18. アイスレーベン

ドイツの宗教改革者。初めパウロの「神の義」の解釈をめぐって内面的葛藤に陥ったが,突然啓示を受け,これを神の贈り物としての「信仰による義」であると確信した。

ローマ教会の贖宥状 (免罪符) 発行を攻撃し,1517年 10月 31日九十五ヵ条の提題を発表,キリスト教の内面性を強調し,これがプロテスタント宗教改革のさきがけとなった。ウォルムス国会により放逐されたがワルトブルク城に潜伏 (1521~22) ,その間ギリシア語新約聖書をドイツ語に訳した。ウィッテンベルク騒動 (1521~22) ,ドイツ農民戦争 (1524) ではしだいに急進派から離れ,またエラスムスとも論争した (1525) 。以後没年まで教会の組織化に努力した。彼は聖書を神学の基礎におき,万人祭司主義,「信仰のみ」の立場に立った。