actions

リヴォルノ

リヴォルノ
Livorno
行政
イタリアの旗 イタリア
テンプレート:IT-TOS
テンプレート:IT-LI
CAP(郵便番号) 57100
市外局番 0586
ISTATコード 049009
識別コード E625
分離集落 Ardenza, Antignano, Montenero, Castellaccio, Gorgona, Quercianella
隣接コムーネ コッレサルヴェッティピーサ (PI)、 ロジニャーノ・マリッティモ
公式サイト リンク
人口
人口 158,916 [1](2017-01-01)
人口密度 1,527 人/km2
文化
住民の呼称 livornesi または labronici
守護聖人 サンタ・ジューリア・ダ・コルシカ
祝祭日 5月22日
地理
座標 東経10度19分0秒北緯43.55度 東経10.31667度43.55; 10.31667
標高 3 (0 - 462) [2] m
面積 104.10 [3] km2
リヴォルノの位置
リヴォルノの位置
リヴォルノ県におけるコムーネの領域
リヴォルノ県におけるコムーネの領域
テンプレートを表示

リヴォルノイタリア語: Livorno テンプレート:発音)は、イタリア共和国トスカーナ州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約15万8000人の基礎自治体コムーネ)。リヴォルノ県県都である。リグリア海に面する港町である。

特産のニワトリの品種レグホンは、この街の英語名(Leghorn:レガーン)をローマ字読みしたことから来た。 イタリア国内では政治的に左派支持の都市とされ、1921年1月21日にリヴォルノでイタリア共産党が結成されている。

歴史

リヴォルノはイタリア・ルネサンスの間『理想都市』と定義づけられていた。今日、ヴェネツィアの一地区を誇張したような、運河が交差し、要塞化した市壁に囲まれ、通りがもつれる近隣住区の構造をとおしてその歴史が明らかになっている。メディチ家の港は、独特の、塔と市中心部へ向かう要塞から見下ろせるのである。建築家ベルナルド・ブオンタレンティBernardo Buontalentiによって16世紀終わりに設計され、リヴォルノは17世紀終わりには広範囲にわたる都市計画の時代を耐え抜いた。 古い要塞の防御材近くに、市壁と可航状態の運河システムがともに建っている。

1580年代後半、トスカーナ大公フェルディナンド1世デ・メディチがリヴォルノをフランコ港 (porto Franco) とし、ここを免税特区にして貿易をおこなった。レッジ・リヴォルニーネ (Leggi Livornine) は、1590年から1603年まで有効であった法律である。これらの法律は商人の貿易活動、信仰の自由、懺悔のための恩赦を助けた。この法律があったためにリヴォルノは多国籍都市となり、地中海全体でも重要港となった。多くの外国人、ユダヤ人アルメニア人ギリシャ人オランダ人イギリス人らが移住し、彼らは貿易を営んだ。一部のモリスコ(スペインで異端審問が盛んだった時代に、カトリックへの改宗を強制されたイスラーム教徒)が、18世紀の間にスペインから移住してきた。

ナポレオン戦争の間、リヴォルノは対イギリス貿易を禁止され、経済がひどく落ち込んだ。1868年、リヴォルノがイタリア王国に併合された後、伝統あるフランコ港の地位は失われ、都市の重要性は衰えた。

この街出身の著名人

スポーツ

姉妹都市

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:リヴォルノ県