操作

ラウール (西フランク王)

ラウール
Raoul
西フランク王
在位 923年 - 936年7月2日
戴冠 923年7月13日ソワソンのサン=メダール修道院
別号 ブルゴーニュ公
出生 890年
死去 936年1月14日または15日
オセール
配偶者 エマ・ド・フランス
子女 ルイ
ユーディト
王家 ボゾン家
父親 ブルゴーニュ公リシャール
母親 アデライード
テンプレートを表示

ラウール(フランス語:Raoul)(890年頃 - 936年1月14日)は、ブルゴーニュ公(在位:921年 - 923年)、西フランク王(在位:923年 - 936年)。ボゾン家からの只一人の西フランク王だった。ラウルとも書く。ドイツ語ではRudolf(ルドルフ)。英語ではRudolph(ルドルフ)。ブルグンド王ルドルフ1世は別人(母方の伯父にあたる)。

生涯

カロリング朝の末期で、西フランク王国の領邦諸侯が力を付けていた。それら有力者の一人、ブルゴーニュ公リシャールと、ヴェルフ家オセール伯コンラート2世の娘アデライード(Adélaïde)との長男に生まれた。

921年父が没し、ブルゴーニュ公・オセール伯・オータン伯・アヴァロン伯・オセールのサン=ジェルマン寺院(Abbaye Saint-Germain d'Auxerre)司教・サンスのサント=コロンブ寺院(Abbaye Sainte-Colombe de Sens)司教の位を継いだ。寺院には所領地があった。

921年、パリ伯ロベール1世の娘でユーグ大公の姉、エマ(Emma)と結婚した。彼女は、ヴェルマンドワ伯エルベール2世(Herbert II de Vermandois)の妻アデールと異母姉妹の間柄だった。ラウールとエマの間の一児ルイは早世した[1]

時の西フランク王シャルル3世は、そのロレーヌ領有への執着から国内の聖俗諸侯に嫌われて922年に廃され、代わって即位したロベール1世は、923年6月、シャルル廃王とソワソンで戦って没した。その翌月、女婿のラウールがソワソンのサン=メダール修道院(Abbaye Saint-Médard de Soissons)で聖別され、即位した。弟のユーグ黒公がブルゴーニュ公を継いだ。義兄のヴェルマンドワ伯エルベール2世はシャルル廃王をペロンヌの城に幽閉し、シャルルは929年獄死した[2]

924年、ロワール川から侵入するヴァイキングを、ユーグ大公と協力して退けた。

920年以降半ば独立した形でロレーヌを支配していたギゼルベルトは、ラウールの即位後しばらくはラウールと協調していたものの、やがてラウールの圧力を受け東フランク王ハインリヒ1世側につき、925年にハインリヒはロレーヌに侵攻、ロレーヌは東フランク王の支配下に入った[3]

935年、マジャール人がブルゴーニュを侵すことがあった。

13年の在位の間、威令はほぼ全国に行き届いたと言う[2]。また、治世中は国内諸侯の勢力均衡に配慮した。

ラウールは936年1月14日または15日にオセールで病没した。義弟ユーグ大公が聖俗諸侯を説き、イングランドのウェセックスに亡命していたカロリング家のルイ(シャルル3世の子)を、次の西フランク王に迎えた[2]

脚注

  1. Christian Settipani, La Préhistoire des Capétiens (Nouvelle histoire généalogique de l'auguste maison de France, vol. 1), Villeneuve d'Ascq, éd. Patrick van Kerrebrouck, 1993, p. 389
  2. 2.0 2.1 2.2 柴田 他、p. 176
  3. 瀬原、p. 67

出典

  • 柴田三千雄 他 編 『世界歴史大系 フランス史 1』 山川出版社、1995年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年

外部リンク

  • [1] 以下の諸リンク。(歴史物語シリーズ)

関連事項


先代:
リシャール
ブルゴーニュ公
921年 - 923年
次代:
ユーグ黒公
先代:
リシャール
オセール伯
921年 - 936年
次代:
ユーグ黒公
先代:
ロベール1世
西フランク
923年 - 936年
次代:
ルイ4世