actions

メチルコバラミン

メチルコバラミン
ファイル:Mecobalamin.svg
ファイル:Mecobalamin 3D sticks.png
IUPAC命名法による物質名
carbanide; cobalt(3+);

[5-(5,6-dimethylbenzimidazol-1-yl)-4-hydroxy-2-

(hydroxymethyl)oxolan-3-yl]

1-[3-[(4Z,9Z,14Z)-2,13,18-tris(2-amino-2-oxoethyl)

-7,12,17-tris(3-amino-3-oxopropyl)

-3,5,8,8,13,15,18,19-octamethyl-2,7,12,17-tetrahydro

-1H-corrin-21-id-3-yl]propanoylamino]

propan-2-yl phosphate

臨床データ
胎児危険度分類 ?
法的規制 ?
投与方法 oral,sublingual,injection.
識別
CAS登録番号 13422-55-4
ATCコード B03BA05
PubChem CID 6436232
化学的データ
化学式 C63H91CoN13O14P 
分子量 1344.40 g/mol

メチルコバラミン(: Methylcobalamin; 日本では一般にメコバラミン mecobalamin とも呼ばれる。)は、コバラミン(ビタミンB12)の一種であり、末梢神経障害、糖尿病性神経障害、悪性貧血の治療・筋萎縮性側索硬化症の初期治療に用いられている。

概要

メチルコバラミンは、ビタミンB12の一つの形態であり、シアノコバラミンとはシアニドメチル基に置換されているのが相違点である[1]。日本では「メチコバール」という製品名でエーザイから内服薬、注射薬が販売されている。

このビタミンは、体内でビタミンB12依存酵素により利用される2つの補酵素のうちの1つであり、特にメチオニン合成酵素として知らる5-メチルテトラヒドロ葉酸ホモシステインメチル基転移酵素(MTR)により利用されている。分子中にコバルトを含有し、数少ない重金属含有生体分子として知られる。

特記事項

  • メチルコバラミンはある種の細菌によって優先的に産生されている。この物質が環境中で重金属と接触した場合には重金属をメチル化することになり、その重金属が水銀である場合には極めて有害なメチル水銀を作り出す場合がある[2] 。メチルコバラミン製剤の「メチコバール」は医薬品の申請の後、申請当時の時代背景もありメチル水銀の安全性の確認に時間がかかり、承認に1年以上を要した。申請から承認に1年以上要するとその医薬品は先発医薬品として承認されないという規定のために「メチコバール」は先発医薬品扱いになっていない[3]
  • メチルコバラミンは就寝起床リズム障害に関連するとして研究されてきており、その作用は量相関関係があるように見えるが低濃度レベルで発現する[4]
  • メチルコバラミンは体内に吸収されるとシアノコバラミンよりも体内により長く留まるとの報告がある[5]


参考画像

出典

関連項目

外部リンク