操作

ミシュナ

「反復」を意味し,ユダヤ教ラビの口伝を集成したもの。タルムードの第1部を構成する。

その編纂についてはアキバ・ベン・ヨゼフがそれまでの口伝律法を集成したものに,さらに3世紀頃ラビ,ユダ・ハナシ (135~220頃) が引継いで集大成したといわれる。

内容は農耕,祭り,婚姻,民法刑法,犠牲,清めの6部に分れる。ユダヤ教ではモーセの律法 (トーラー) に次いで大切なものである。