操作

ミシシッピ川

テンプレート:Geobox imageテンプレート:Geobox 0テンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox2 endテンプレート:Geobox imageテンプレート:Geobox 0テンプレート:Geobox 0テンプレート:Geobox 0

ミシシッピ川(ミシシッピがわ、Mississippi River)

アメリカ合衆国中部を北から南へ流れる川。全長 3780km。ミネソタ州北西部のイタスカ湖に源を発し,メキシコ湾に注ぐ。アメリカ最大の河川。流域面積は約 310万km2を占め,アメリカの 31州,カナダの 2州から集水し,毎秒 2万t近い水をメキシコ湾に排水する。上流域は氷河作用を受けた湖沼地域で,支流にはウィスコンシン川,ブラック川,ミネソタ川などがある。中流域でミズーリ川オハイオ川などの支流が流入すると,それまでの清流が多量の土砂を含む濁流となる。さらにオハイオ川が合流する付近では,河床の幅は 2.5kmに達し,広大な氾濫原を蛇行する。旧河道や半月湖などが数多くみられる。河口には年間 5億tの土砂が堆積して,広大なデルタ(三角州)を形成。末端は分流水路に沿って鳥跡状に分岐。1717年五大湖方面から進出してきたフランス人は,ミシシッピ川を下り,河口にニューオーリンズを建設した。治水の歴史は当時にさかのぼる。1840年代にはミシシッピ川の水運は最盛期を迎えたが,南北戦争後,鉄道の敷設が進んだために衰退した。第2次世界大戦後,下流部の河道の改修,浚渫,船舶の改良などによって水運は重要性を取り戻した。メンフィスセントルイスミネアポリスなど河港から発達した都市があり,アメリカ中部の中心をなす。




Rakuten 楽天市場検索: