actions

マリー・フランソワ・サディ・カルノー

マリー・フランソワ・サディ・カルノー(Marie François Sadi Carnot, 1837年8月11日 - 1894年6月25日)は、フランスの政治家。ニコラ・レオナール・サディ・カルノーの甥。第5代大統領第三共和政)。在職中に暗殺された。

政治家ラザール・イポリット・カルノーの息子として生まれた。エコール・ポリテクニーク国立土木学校で技術者教育を受け、官僚となった。1871年にセーヌ=アンフェリウール県(現セーヌ=マリティーム県)知事となり、まもなく国民議会議員となった。1880年には公共事業大臣となった。

1887年選挙français版で、対立候補のジュール・フェリーに勝利して、大統領に選ばれた。就任早々、政界を震撼させたブーランジェ将軍事件を乗り切った。その後在職中にはフランス革命百年祭、パリ万国博1889年)などの祝賀行事があったが、1892年にはまた政治スキャンダル・パナマ事件が持ち上がり、アナーキストによるテロも激化した。

1894年6月24日リヨンで演説後にイタリア人アナーキスト、サンテ=ジェロニモ・カゼリオfrançais版English版に刺され、翌6月25日に死亡した(サディ・カルノー暗殺事件français版)。パリのパンテオンに埋葬されている。

外部リンク

先代:
ジュール・グレヴィー
フランス共和国大統領
第三共和政
1887年 - 1894年
次代:
ジャン・カジミール=ペリエ

テンプレート:フランスの大統領