actions

ホーコン7世


ホーコン7世ノルウェー語: Haakon VII, 1872年8月3日 - 1957年9月21日)は、ノルウェー国王(在位:1905年 - 1957年)。

生涯

デンマーク国王フレデリク8世とその妃でスウェーデン=ノルウェー国王カール15世の娘であるロヴィーサの次男。兄はデンマーク王クリスチャン10世

元の名はクリスチャン・フレゼリク・カール・ゲオルク・ヴァルデマー・アクセル(Christian Frederik Carl Georg Valdemar Axel)で、カール王子と呼ばれた。

1905年、ノルウェーはスウェーデンとの同君連合を解消して独立したが、その際に大叔父のスウェーデン=ノルウェー国王オスカル2世に代わってノルウェー国王に選ばれた。そこでノルウェー風にホーコンと改名し、首都クリスチャニア(現在のオスロ)で即位した。

第二次世界大戦の際、一時期イギリスに亡命するも、ナチス・ドイツと徹底的に戦い、国民の尊敬を集めた。王妃はイギリス国王エドワード7世の三女モードで、息子はアムステルダムオリンピックの金メダリストとして有名なオーラヴ5世である。

1955年にはノルディックスキーに大きく影響をもたらした人物としてホルメンコーレン・メダルを受章している。

日本との関わり

1909年日本において、日本陸軍が冬季軍事訓練中に遭難死亡事故(八甲田雪中行軍遭難事件を参照)に遭遇したことを聞いたホーコン7世は、「我が国で冬季に使っているスキー板があれば、このような遭難事故は起こらなかったのではないか」と考え、明治天皇宛にスキー板2台を事故に対する見舞いを兼ねて贈呈した。これがきっかけとなり、日本とノルウェーのスキー交流が始まることとなる。

関連項目

先代:
オスカル2世
ノルウェー王
1905年 - 1957年
次代:
オーラヴ5世

テンプレート:ノルウェー王