actions

ヘリコバクター・ピロリ


ヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori[1]) とは、ヒトなどのに生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌である。単にピロリ菌(ピロリきん)と呼ばれることもある[2]ヘリコバクテル・ピロリ[3]と表記されることもある。1983年オーストラリアロビン・ウォレンバリー・マーシャルにより発見された[4]

胃潰瘍や胃炎,十二指腸潰瘍の原因とされる螺旋形菌。ヘリコバクター・ピロリともいう。体長は約 3μm。感染後,発病にいたるまでの仕組みについてはまだ究明されていないが,近年は胃癌の原因菌にもなっているとの説や,癌の成長を促進する働きをもつという説も出ている。

出典

  1. helicobacter pylori (Cambridge Dictionaries Online)
  2. 武田薬品工業. “ピロリ菌って何者?”. . 2015閲覧.
  3. actamnuse. “ヘリコバクテル に関する公開一覧”. . 2015閲覧.
  4. Marshall BJ (1983). “Unidentified curved bacillus on gastric epithelium in active chronic gastritis”. Lancet 1 (8336): 1273–1275. PMID 6134060. 

関連項目

外部リンク




楽天市場検索: