操作

ヘッジファンド

ヘッジファンド hedge fund

株式,債券,商品,金融派生商品などに分散投資し,高い運用収益を追求する投資信託。

1949年にアメリカ合衆国の社会学者,アルフレッド・W.ジョーンズが始めたファンドが起源といわれる。割安の投資商品を買い,割高の投資商品を同時に売るという投資手法によって,市場変動リスクを極小化(ヘッジ)することからヘッジファンドと呼ばれる。不特定多数ではなく特定少数に販売する私募形態をとる。投資スタイルの特徴は,小額の元本に比べて,はるかに大きい投資を行なうことにある。また一般に,短期資金を調達し長期運用する長短ミスマッチとなっている。

このため,金融市場が混乱した場合,資金調達難に直面し経営危機に陥る可能性がある。1998年のロシア金融危機の直後,アメリカのロングターム・キャピタル・マネジメント LTCMが経営破綻したのはその典型的な例。2007年に日本で施行された金融商品取引法は,ヘッジファンドを集団投資スキーム持分の販売,および,有価証券,デリバティブ取引の投資運用につき,第二種商品取引業者としての登録義務を課している。