actions

フレデリック (ヨーク・オールバニ公)

ファイル:Prince Frederick, Duke of York and Albany.jpg
ヨーク・オールバニ公フレデリック
ファイル:Frederick, Duke of York and Albany by John Jackson.jpg
ヨーク・オールバニ公フレデリック

ヨーク・オールバニ公フレデリック・オーガスタス(Prince Frederick Augustus, Duke of York and Albany, 1763年10月16日 - 1827年1月5日)は、イギリスの王族、陸軍軍人。

ジョージ3世の次男にあたる。

経歴

1763年10月16日に国王ジョージ3世の第2王子としてロンドン・セント・ジェームズ宮殿で生まれる[1]

生後ただちにオスナブリュック司教Deutsch版に叙せられた[1]。ドイツで軍人としての教育を受ける[2]

1784年11月29日グレートブリテン貴族爵位の「ヨーク公爵」、「オールバニ公爵English版」、アイルランド貴族爵位アルスター伯爵English版に叙せられた[3]

1780年に大佐階級でイギリス陸軍に入隊した。1782年に少将、1784年に中将、1793年に大将、1795年に元帥に昇進[1][3]。1787年にフリーメイソンに加入した[4]

1793年からフランス革命戦争でネーデルラント遠征軍の総司令官を務め、フランドルでフランス革命軍と戦ったが、軍事的才能に乏しく、敗北した。1795年に一時帰国するが、1798年に陸軍最高司令官English版に任じられ、1799年に再びネーデルラント遠征軍司令官として大陸に渡るも、戦功のないまま帰国を余儀なくされた[2]

1804年に愛人の女優メアリー・アン・クラークがヨーク公の名を利用して詐欺行為を働いていたことが発覚し、有罪判決を受け、その影響でヨーク公は陸軍最高司令官職を辞した[2]

1791年プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム2世と最初の妻エリーザベト・クリスティーネの一人娘フリーデリケ(フレデリカ)と結婚し、ベルリンシャルロッテンブルク宮殿バッキンガム宮殿で結婚式を挙げたが、子供はできなかった[3]

1811年に兄ジョージ王太子(後のジョージ4世)が摂政に就任すると陸軍最高司令官に再任した[2]。晩年にはカトリック解放反対派の急先鋒として知られた[5]

1827年1月5日に薨去した[6][3]

脚注

出典

参考文献

  • 『英米史辞典』 研究社、2000年。ISBN 978-4767430478。
  • 湯浅慎一 『フリーメイソンリー その思想、人物、歴史』 中央公論社中公新書955〉、1990。
  • Heathcote, Tony (1999). The British Field Marshals, 1736–1997: A Biographical Dictionary. Barnsley: Leo Cooper. ISBN 0-85052-696-5.