actions

ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントン
Hillary Clinton

アメリカ合衆国のファーストレディ
任期 1993年1月20日 - 2001年1月20日
先代 バーバラ・ブッシュ
次代 ローラ・ブッシュ
個人情報
出生名 ヒラリー・ローダム(旧姓)
生年月日 (1947-10-26) 1947年10月26日(71歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Illinois.svg イリノイ州 Flag of Chicago, Illinois.svg シカゴ
配偶者 ビル・クリントン
子女 チェルシー・クリントン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ウェルズリー大学
イェール・ロー・スクール
職業 アメリカ合衆国大統領夫人
弁護士
法務博士
政党 共和党(1968年以前)
民主党(1968年 - )
テンプレートを表示

ヒラリー・ローダム・クリントン英語: Hillary Rodham Clinton, 1947年10月26日 - )

 アメリカ合衆国の政治家、弁護士。1947年、イリノイ州シカゴにて、繊維品卸売業を営む中流家庭の長女ヒラリー・ロダムとして生まれ、近郊のパーク・リッジで育つ。

 1969年にマサチューセッツ州のウェルズリー大学を卒業。1973年にエール大学ロースクールで法学博士号を取得後、下院ウォーターゲート委員会のスタッフに加わる。1974年、ロースクール在学中からの交際相手ビル・クリントンの故郷アーカンソー州へ移り、アーカンソー大学ロースクールで教鞭(きょうべん)をとった。弁護士としては、子どもの権利を専門分野とした。1975年ビルと結婚。法曹活動と並行して、ビルの政治活動を支え、その州知事時代(1979~1981、1983~1992)には農村部健康諮問委員会委員長、教育水準委員会委員長を務めた。1987年、アメリカ法曹協会において「法曹界における女性の地位向上委員会」の初代委員長につく。

 ビル・クリントン政権第1期(1993~1997)では、国民皆保険制度実現のために「医療保険改革に関するタスクフォース」の座長となったが、ヒラリーケアとも別称された改革案は民主党内にも反対が強く頓挫(とんざ)。個人の責任を強調する新自由主義的な1996年の「個人責任および就労機会調停法」を支持。ビルの退任が近づいた2000年の連邦議会上院議員選挙において、引退を表明した民主党の長老上院議員モイニハンDaniel Patrick Moynihan(1927―2003)の地盤であったニューヨーク州から初出馬し当選。2006年再選。保健・教育・労働・年金委員会のほか、高齢化問題特別委員会、軍事委員会、環境・公共事業委員会、予算委員会に所属。2001年のアメリカ同時多発テロ後、ブッシュ政権が主導したイラク侵攻を支持したが、のちに判断を誤りと認める。イラク戦争への支持は、上院議員2期目途中に出馬した2008年の大統領選挙の民主党予備選挙でB・オバマに敗れる一因となった。オバマ政権第1期(2009~2013)の国務長官として、イランへの制裁、アフガニスタンへの増派、シリアのアサド政権転覆を主唱するなど、外交的にはタカ派である。

 2016年の大統領選挙では民主党候補者指名を獲得したものの、無名の左派上院議員サンダースBernie Sanders(1941― )に対する苦戦は、ビル・クリントン政権以来のヒラリーの新自由主義志向やエスタブリッシュメント(既存体制)へのリベラル内部の不満の強さを示していた。おもな政策として、富裕層への課税強化、銃規制の強化、非合法移民への正規居住資格付与を掲げた。大統領選挙本選では、東海岸や西海岸諸州、大都市部で支持を集め、共和党候補のD・J・トランプをアメリカ全体での一般得票総数では上回りながらも、獲得した選挙人数で水を開けられ敗北した。




楽天市場検索: