actions

ヒッポコオーン

ヒッポコオーン古希: Ἱπποκόων, Hippokoōn, ラテン語: Hippocoon)は、ギリシア神話に登場する人物である。ギリシア神話においてヒッポコオーンの名前は複数登場するが、他は事績に乏しく、ここではスパルタ王について述べる。

ヒッポコオーンはオイバロスと水のニュンペー、バテイアの息子[1]。ヒッポコオーンには多くの息子があり[注 1]アポロドーロスはドリュクレウス、スカイオス、エナロポロス、エウテイケース、プーコロス、リュカイトス、テブロス、ヒッポトオス、エウリュトス、ヒッポコリュステース、アルキコース、アルコーンの12人を挙げる[2]。ヒュギーヌスはレウキッポス、エナイシモスを挙げ、この二人はカリュドーンの猪狩りに参加したとする[注 2]ほか、ピュロスの王ネーレウスもヒッポコオーンの息子としている[注 3]

神話

ヒッポコオーンは彼の息子たちとともに、異母兄であるテュンダレオースイーカリオスを追い払ってラケダイモーン(スパルタの別称)の王となった。テュンダレオースはアイトーリアテスティオスのもとに逃れ、テスティオスの娘レーダーを妻とした。

ヘーラクレースエーリス遠征につづいてピュロスを攻略したとき、ヒッポコオーンと息子たちはピュロスのネーレウスに味方した[注 4]。また、リキュムニオスの息子でヘーラクレースの友人であったオイオーノス[3]がヒッポコオーンの王宮を眺めていたところ、猟犬が彼に飛びかかった。リキュムニオスが犬に石を投げつけると、ヒッポコオーンの息子たちが現れて彼を棍棒で殴り殺した。

ヒッポコオーンに報復するためにヘーラクレースはアルカディアを訪れ、テゲアの王ケーペウスに彼の20人の息子とともに味方に付いてくれるよう頼んだ。ケーペウスは、彼らが留守の間にアルゴス人がテゲアに攻め込んでくることを心配し、いったんは断った。ヘーラクレースは、女神アテーナーからゴルゴーンの毛髪の入った青銅の壺を借りてケーペウスの娘ステロペーに与え、もしアルゴスの軍勢が現れたときには、この毛髪を壁から高くかざせば敵は敗走するだろうといった。これによりケーペウスは息子たちとともにヘーラクレースに協力してスパルタに軍を進めた。

ヘーラクレースとヒッポコオーンの戦いで、ケーペウスとその息子たちは全員が殺され、ヘーラクレースの兄弟イーピクレースも討たれた。しかし、ヘーラクレースによってヒッポコオーンと息子たち全員が殺され、スパルタは敗れた。ヘーラクレースは、アイトーリアに亡命していたテュンダレオースをスパルタに呼び戻して王とした[4]

系図

テンプレート:ラケダイモーンの系図

脚注

注釈

  1. カール・ケレーニイは『ギリシアの神話』(「英雄の時代」p.206)で20人と述べている。
  2. ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』第173話「カリュドーンの猪退治にいった者たち」。また、オウィディウス変身物語』第8巻では、この猪狩りでエナイシモスは猪に突き殺されたとする。
  3. ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』第10話「クローリス」、第14話「招集されたアルゴー船隊員」、第31話「ヘーラクレースの付随的功業」より。一般的には、ネーレウスはポセイドーンの子とされる。
  4. 前述の通り、ヒュギーヌスはヒッポコオーンがネーレウスの父とする。

出典

  1. アポロドーロス『ギリシア神話』III.10.4
  2. アポロドーロス『ギリシア神話』III.10.5
  3. オイオーノスの名はロバート・グレーヴス『ギリシア神話』140「ヒッポコオーンの息子たち」による。
  4. アポロドーロス『ギリシア神話』II.7.3、III.10.5

参考図書


先代:
テュンダレオス
スパルタ王(神話時代)
次代:
テュンダレオス