actions

パスカリス1世 (ローマ教皇)

パスカリス1世から転送)

パスカリス1世(Paschal I、生年不詳 - 824年2月11日

ローマ出身の第98代教皇(在位 817~824)。聖人。フランク帝国(神聖ローマ帝国フランク王国)との関係に絶えず関心を払い,皇帝ルートウィヒ1世(在位 814~840)から,教皇座の独立と教会の領地における宗主権,ローマ市民が教皇を自由に選出する権利を確保した。823年,ルートウィヒ1世の息子ロタール1世を共同皇帝として戴冠したが,これは教皇から皇帝へ帝位を手渡すことを開始し,ローマで即位させる慣例をつくった点で重要である。ビザンチン皇帝レオ5世(在位 813~820)の治下でイコノクラスム(偶像破壊運動)が復活した際,ローマに逃亡してきたギリシアの修道士らを保護した。荘厳なモザイク画があるサンタ・プラッセーデ教会とサン・ゼノ礼拝堂を在位中に完成させ,またセシリア聖遺物カタコンベ(地下墓地)からローマへ移転させた。祝日は 5月14日。



楽天市場検索: