actions

ドワイト・D・アイゼンハワー



ドワイト・デビッド・アイゼンハワー
(Dwight David Eisenhower、1890年10月14日 - 1969年3月28日

アメリカの軍人,政治家。第 34代大統領 (在任 1953~61) 。 1915年ウェストポイント陸軍士官学校卒業。 26年陸軍幕僚学校を首席で卒業。 33~35年 D.マッカーサーのもとで参謀本部に勤務。 41年 12月日本の真珠湾攻撃後,陸軍参謀本部作戦計画部副部長となり,ヨーロッパ進攻計画の作成に従事。次いでヨーロッパ戦線におけるアメリカ軍司令官としてノルマンディー進攻 (オーバーロード作戦 ) を指揮するなど,連合国勝利のために活躍,44年元帥に昇進。 48年軍務から退き,コロンビア大学総長に就任。 50年 12月 H.トルーマン大統領により北大西洋条約機構 NATO軍最高司令官に任命された。共和党から大統領に立候補し,53年1月大統領に就任。 56年再選。その間,朝鮮戦争休戦,国際原子力機関の創設,ソ連の N.フルシチョフ首相との会談などで平和共存への努力を重ねた。しかし他方,アイゼンハワー・ドクトリンの声明などにみられるように,ソ連に対抗する強い姿勢もみせた。著書『ヨーロッパ十字軍』 Crusade in Europe (1948) 。




楽天市場検索: