actions

トーマス・ハント・モーガン

ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1933年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:遺伝における染色体の役割に関する研究

トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan、1866年9月25日 - 1945年12月4日)はアメリカ合衆国遺伝学者キイロショウジョウバエを用いた研究で古典遺伝学の発展に貢献し、染色体が遺伝子の担体であるとする染色体説を実証した。その業績により、1933年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

経歴

ケンタッキー州レキシントンユダヤ系家系生まれ。

コロンビア大学教授(1904-1928)。ウッズホール海洋生物学研究所の研究者の一人。王立協会外国人会員。

業績とその意義

動物学発生学を学んだ後、ショウジョウバエを用いた遺伝学研究を行った。当時はメンデルの法則が再発見されたばかりであり、遺伝子の実体が DNA であることはもちろん分かっていないばかりか、遺伝子の存在すら疑問視されていた。

彼はショウジョウバエの突然変異を集め、それらの間で交配実験を行うことで、1913年、染色体地図を作製した(モーガンの弟子の一人であるスターテバントが主に行った)。同時に、それと唾液腺染色体の模様と比較することで染色体上にある遺伝子の位置を特定し、それによって遺伝子が染色体の上にあることを証明した。

モーガンの研究以前は、遺伝子はあくまで抽象的な存在であった。染色体説の実証により、染色体上に並ぶ物質として遺伝子を研究する道を開いたことは、以後の遺伝学の発展に決定的な影響を与えた。また、それまで遺伝学の実験材料として用いられていたものは作物家畜などであったが、ショウジョウバエという有力な実験材料をこの分野のモデル生物として持ち込んだ点でも意義が大きい。彼の弟子および孫弟子のうち8人が後にノーベル賞を受賞したことも特筆に値する。

関連項目

外部リンク

テンプレート:ノーベル生理学・医学賞受賞者 (1926年-1950年)