actions

ズールー王国


ファイル:Shaka's Empire map.svg
茶色がズールー王国、オレンジが勢力下の地域、緑がコサ人の領域、赤がイギリス領。

ズールー王国ズールー語: Wene wa Zulu、ズールー帝国とも)は、トゥゲラ川English版からポンゴラ川English版にかけてのインド洋の沿岸部に19世紀に存在した南部アフリカ君主国

王国は、現在のクワズール・ナタール州の広い範囲を支配するまでに至ったが、1870年代のズールー戦争によって最終的に滅亡した。その後領土はナタール植民地を経て南アフリカ連邦の一部となった。

歴史

ズールー族は南部アフリカの一部族に過ぎなかったが、1816年に首長センザンガコナEnglish版が死去した翌年、シャカムテトワ帝国English版皇帝であるディンギスワヨEnglish版の庇護を受けてズールー王に即位し、王国が成立した。

後見役であるディンギスワヨがンドワンドウェ王国English版との戦闘で死去したため、軍備の近代化や中央集権体制を進めたシャカはムテトワ帝国、ンドワンドウェ王国に侵攻し、支配下に置いた。しかしシャカは国内では恐怖政治を行なったことから、異母弟のディンガネによって暗殺された。

ディンガネ・カセンザンガコナEnglish版が第二代国王に即位し、次いで第三代国王にムパンデEnglish版と続いたが、第四代国王セテワヨ・カムパンデズールー戦争で敗北したことにより王国は崩壊し、イギリス植民地となった。

関連項目

テンプレート:SouthAfrica-stub