actions

ジッペ

ジッペ Sippe

古代ゲルマン社会の氏族共同体。元来は1人の始祖に始る男系の氏族団体で,宗教的性格をも帯びていた。ジッペは古代ゲルマン民族の根元的な生活単位であり,人々はジッペの保護下で生活の安全を保障され,外部からの加害に対してジッペ成員全員による救済を期待しえた。経済生活もまたジッペを単位としており,成員の私法的権利はジッペの総有権によって包括されていた。移動期のゲルマン人が定住する際に,ジッペは農業生産共同体として機能した。戦時における軍の単位もまた当然ジッペであった。ゲルマン法が根本において団体法であるのは,このジッペに起因する。