actions

グレーン

グレーン
grain
記号 gr
度量衡 ヤード・ポンド法
質量
SI 0.064 798 91 g (正確に)
定義 (1/7000)常用ポンド(正確に)
由来 大麦の種1粒の重さ
語源 古フランス語 grein(穀物)
テンプレートを表示

グレーン(grain)は、ヤード・ポンド法における質量単位であり、正確に 0.064 798 91グラムである。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡トロイ衡薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。

日本の計量法体系では、グレーンは限られた用途にのみ使用することができる[1]

概要

グレーンは、もともとメソポタミア地方において大麦の穂の中央からとれた種1粒の重さとして定義された。今日でも"grain"には穀物という意味がある。かつては、ポンドとグレーンとは別々の単位であり、その換算値は様々であったが、1574年に商人と金細工職人からなる委員会が調査して、1常用ポンドがほぼ7000グレーンに等しいことが確認された[2]。その後、1758年の法令によって1常用ポンド = 正確に7000グレーンと定められた[3]

1959年7月1日以降、1グレーンは正確に 0.064 798 91グラム(64.798 91ミリグラム)である。これは、英米などの6カ国による1958年の国際協定で、常用(常衡)ポンドが7で割り切れるように、0.453 592 37 kgと定義されたからである[4]。この、国際協定で定義されたポンドは「国際ポンド」と呼ばれている。

今日ではグレーンは、弾丸火薬の質量を量るのに用いられている。以前は錠剤の質量の計量にも用いられていた。 真珠ダイヤモンドの質量の計量には「メートル法グレーン(metric grain)」または「真珠グレーン(pearl grain)」という単位が用いられる。これは50ミリグラム(1/4カラット)に等しい。

記号

グレーンの単位記号は、gr である。日本の計量法体系でも同じである[5]

引用

  1. [1] 計量単位令 別表第七 項番2「質量」
  2. Watson, p.68,84
  3. Watson, p.85
  4. Weights and Measures Standards of the United States A brief history Louis E. Barbrow and Lewis V. Judson, 1976 , p.20 , 8. Refinement of values for the yard and pound
  5. 計量単位規則 別表第6 質量-グレーンの項

参考文献

  • Watson, C.M. (1910), British Weights & Measures, London: John Murray .[2]
  • [3] Weights and Measures Standards of the United States A brief history, Louis E. Barbrow and Lewis V. Judson, 1976
  • 日本での使用が認められているヤード・ポンド法の単位(限定列挙)[4] 計量単位令 別表第七(第八条関係)。

関連項目

テンプレート:質量の単位