操作

グレンコア

グレンコア・ピーエルシー
Glencore plc
種類 株式会社
市場情報 LSEGLEN
略称 グレンコア
本社所在地 イギリスの旗 イギリススイスの旗 スイス
バール(本社)
ジャージー(登記上の本社)
設立 1974年
業種 商品取引
事業内容 非鉄金属の開発及び製錬
金属鉱物、燃料資源、農作物の生産、貿易
外部リンク http://www.glencore.com
テンプレートを表示

グレンコア・ピーエルシー: Glencore plc

スイス・バールに本社を置く鉱山開発及び商品取引を行う多国籍企業

登記上の本社は、タックス・ヘイヴンとして知られるイギリス王室属領ジャージーに存在する。グレンコア社はスイスの著名な相場師であるマーク・リッチによって、1974年Marc Rich & Co AGとして設立された。

概要

グレンコアは世界最大の商品取引商社であり、亜鉛の世界シェアは60パーセント、は50パーセントに上る。[1][2]また、同社は金属や石油、石炭、天然ガスなどの鉱物に加え、麦やトウモロコシ、砂糖、食用油等の農作物の生産から取引までを行う。[1]

グレンコアは売上高で食品最大手のネスレを凌ぐスイス最大の企業である。さらに、同国二位の金融機関であるクレディ・スイスとの関係も深く、石油デリバティブの開発・取引で提携している。[3]

かつては穀物メジャーのカーギルと並ぶ世界最大級の非公開企業であったが、2011年5月19日にロンドン証券取引所に上場し、時価総額が585億ドル(約4兆8千億円)と上場銘柄の中でも20位以内に入るため、即時FTSE100種総合株価指数の銘柄に採用された。[4]次いで、5月25日には香港証券取引所に上場した。[5]時価総額は、上場する商社としては三菱商事を上回り世界最大である。2012年3月、カナダの穀物流通大手バイテラを61億カナダドル(約5,100億円)で買収することで合意。世界でも有数の穀物産地であるカナダとオーストラリアで事業基盤を築く。

2013年5月2日に世界最大の商品取引会社のグレンコア社と、同社の関連会社で資源メジャーであるエクストラータ社の待望の合併が完了したと発表した。鉱業で世界4位、商品取引で世界首位の企業が誕生。グレンコアは声明で、合併の効力が発生し、エクストラータの株主資本を全て傘下に収めた。グレンコアのグレンコア・エクストラータへの社名変更は英領ジャージー島で成立。合併はEU、英国、南アフリカ、中国で独占禁止法など各当局の承認を受けて完了した。中国商務省は4月、1年2カ月に及ぶ審査の末、グレンコアが52億ドル相当のラスバンバス銅鉱山プロジェクト(ペルー)を売却することを条件に合併を承認した。グレンコア・エクストラータの株式は3日からロンドン証券取引所、香港証券取引所で取引が開始された。エクストラータ株はロンドン市場では同日付、スイス証券取引所では6日付で上場廃止。2014年5月20日、グレンコア・エクストラータは社名を再び「グレンコア」に改称した。[6] 2016年12月、政府系ファンドのカタール投資庁と共同で、ロシア最大の国営石油会社ロスネフチの株式19.5%を102億ユーロ(約1兆2400億円)で取得すると発表した。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: