actions

クリュタイムネーストラー

ファイル:Clytemnestra1.jpg
ジョン・コリアの描いたクリュタイムネーストラー

クリュタイムネーストラー古希: Κλυταιμνήστρα, Klytaimnēstrā, ラテン語: Clytaemnestra, 英語: Clytemnestra, Clytemestra)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してクリュタイムネストラとも表記される。

ミュケーナイアガメムノーンの后。父親はスパルタテュンダレオースで母親はレーダー、兄は英雄カストール、異父兄弟(父はゼウス)に英雄ポリュデウケースとスパルタ王妃ヘレネーという名家の出。

娘にイーピゲネイアエーレクトラー[注 1]、息子にオレステースがいる。また、姉妹のヘレネーがパリスに誘惑されトロイアへ逃げた間に、置き去りにされたヘレネーとメネラーオスの娘ヘルミオネーを養育した。

本来の夫はアガメムノーンの従弟タンタロスで、死別後(実際には謀殺)アガメムノーンと再婚、トロイア戦争中にアガメムノーンの従弟で先夫タンタロスの実弟アイギストスを情夫とした。

二人の夫と娘

アガメムノーンの后として有名なクリュタイムネーストラーだが、これが初婚ではない。実はもともと相思相愛の夫タンタロスがいたのだが、クリュタイムネーストラーの美貌に引かれた従兄のアガメムノーンによって夫は敵中に置き去りにされて戦死させられたのだった。

亡き最愛の前夫の間に設けた唯一の男児も遺恨を恐れたアガメムノーンに殺される。一説によれば同じくアガメムノーンに殺されたイーピゲネイア(クリュタイムネーストラーが最も愛した長女)も前夫の娘であるとも言う。

トロイア戦争の際、夫に娘の婚礼と謀られ連れてきたイーピゲネイアを目の前で生贄とされたことでアガメムノーンへの憎悪を募らせたクリュタイムネーストラーは、夫がトロイア戦争に参戦している十年の間に親しくなった先夫の実弟愛人のアイギストスと計って、凱旋の夜、アガメムノーンとその妾となるべく戦利品として連行されたトロイアの王女カッサンドラーを殺害した。そののち復讐を恐れて息子のオレステースを殺害しようとするが、次女エーレクトラーに阻まれ殺害はなし得なかった。

エーレクトラーの孫の復讐を恐れたクリュタイムネーストラーは農奴を夫としてあてがうが、王女を尊敬する農奴により結婚は完成されなかった。

オレステースが自らの死を偽って報告したことに安堵した後、エーレクトラーの手引きによって城内に進入したオレステースに情夫もろとも殺害される。

母殺しの罪によってオレステースは復讐の女神に追われて放浪するが、アポロンに罪を清められ、共にクリュタイムネストラーに養育されたかつての許婚ヘルミオネーの夫を殺害、奪還して妻とする。

系図

テンプレート:ヘラクレスの系図 テンプレート:アガメムノーンの系図


彼女を題材にした舞台作品

脚注

注釈

  1. エーレクトラーを主人公にするオペラではもう1人クリュソテミスという娘がいる。

出典