actions

クリストファ3世 (デンマーク王)

クリストファ・ア・バイエルン(Christoffer af Bayern, 1416年2月26日 - 1448年1月6日)は、カルマル同盟時代のデンマーク王(クリストファ3世、Christoffer III, 在位:1440年 - 1448年)、スウェーデン王(Kristofer av Bayern, 在位:1441年 - 1448年)、ノルウェー王(Kristoffer av Bayern, 在位:1442年 - 1448年)。父は神聖ローマ帝国君主(ドイツ王)にもなったプファルツ選帝侯ループレヒト(3世)の息子でプファルツ=ノイマルクト家のプファルツ=ノイマルクト公ヨハン、母はエーリク・ア・ポンメルン(エーリク7世)の妹カタリーナである。ドイツ名はクリストフ(Christoph)。

生涯

1439年、伯父エーリク7世がデンマークとスウェーデン王位を廃位され、クリストファがデンマーク(1440年)、スウェーデン(1441年)およびノルウェー(1442年)においてそれぞれ王として承認された[1]。クリストファは各国の自主性および貴族の既得権を認めたため、中央集権化が頓挫した[1]。1445年にブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯ヨハン(錬金術伯)の娘ドロテアと結婚したが、子はなかった。1448年のクリストファの死後、クリスチャン1世がデンマーク王位につき、ドロテアはクリスチャン1世と再婚した。一方、スウェーデンおよびノルウェーはカール・クヌートソンを王とした[2]

脚注

  1. 1.0 1.1 百瀬 他、p. 111
  2. 百瀬 他、p. 112

参考文献

  • 百瀬宏 他 『新版 世界各国史 21 北欧史』 山川出版社、1998年


先代:
エーリク7世
デンマーク王
1440年 - 1448年
次代:
クリスチャン1世
先代:
エイリーク3世
ノルウェー王
1442年 - 1448年
次代:
カール1世
先代:
カール8世
スウェーデン王
1441年 - 1448年
次代:
カール8世(復位)

テンプレート:デンマーク王 テンプレート:ノルウェー王 テンプレート:スウェーデン王