actions

キュントス山


キュントス山ギリシア語:Κύνθος、英語:Cynthus)はデロス島に位置する標高113mのギリシア神話では、古代ギリシア世界でとりわけ人気の高かった光明神アポローンの生まれた場所でもある。

神域

ファイル:キュントス山山頂.jpg
キュントス山の山頂

キュントス山山頂にはゼウス・ヒユパトス(至高神ゼウス)の神域があり、そこからは紀元前3千年紀の住居跡が発掘されるなど、古くから信仰されていたことが分かる[1]。山道からやや外れた岩がちな中腹には洞窟もあり、その内部はヘーラクレースの神域となっている[2]

神話

ファイル:キュントス山山頂からの眺め.jpg
キュントス山山頂からの眺め

レートーはアポローンを産む際、女神ヘーラーからの嫉妬によって迫害されていた。これは、アポローンの父親がヘーラーの夫であるゼウスだったからである。レートーは各地を放浪し、息子を生む場所を求めたが、あらゆる土地が恐怖故にそれを拒否した。最終的に彼女はデロス島に辿り着いた。デロス島は偉大な神が生まれようとしていることに恐れおののいたが、将来多くの参詣者で賑わうであろうことを約束され、この地で出産することに承諾した[3]

レートーはキュントス山の頂に背をもたせ、棕櫚の木にしがみつきながら九日九晩苦しんだ。これは、出産の女神エイレイテュイアがヘーラーの策謀によって天から降りてこなかったためである。そこで、レートーに付き従っていた女神たちは、黄金の首飾りを与えると約束してエイレイテュイアを無理矢理連れてきた。そして、アポローンがデロス島に降誕したのである[4]

関連項目

参考文献

  1. 古代ギリシア遺跡事典、著:周藤芳幸、沢田典子
  2. Δηλος(現地配布パンフレット)
  3. アポローン讃歌、著:偽ホメーロス
  4. アポローン讃歌、著:偽ホメーロス