操作

キャッサバ

キャッサバ
Koeh-090.jpg
キャッサバ Manihot esculenta 001.jpg
カサバイモ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: キントラノオ目 Malpighiales
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
: イモノキ属 Manihot
: キャッサバ
M. esculenta
学名
Manihot esculenta
Crantz
和名
イモノキ(芋の木)
英名
Cassava

キャッサバ(学名:Manihot esculenta

キントラノオ目トウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。

ブラジル原産。マニホットともいう。古くからアメリカインディアンが栽培していたが,現在では熱帯各地で栽培される。茎は2~4m,深く分裂した掌状葉を互生する。花は黄白色で雌雄同株。地下に長さ 50cmに達するサツマイモのような根茎があり,これからタピオカ (デンプン) をとり食用とし,また繊維の糊料に用いる。根茎はアメリカインディアンの主食で,ゆでてそのまま食用にする。

脚注

関連項目



Rakuten 楽天市場検索: