actions

カトリーヌ・ド・メディシス

カトリーヌ・ド・メディシス(クルーエ画,素描,部分,1561,フランス国立図書館).jpg

カトリーヌ・ド・メディシスフランス語: Catherine de Médicis1519年4月13日 - 1589年1月5日

フランス王アンリ2世の妃。メディチ家のウルビノ公ロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチの娘。1533年アンリと結婚,3人の国王(フランソア2世シャルル9世アンリ3世)を生んだ。シャルル9世の摂政となり,ユグノー戦争のなかにあってカトリックとユグノー派プロテスタント両教徒の均衡の維持に努め,1563年アンボアーズの和解勅令に署名した(アンボアーズの陰謀)。しかし,プロテスタントの首領コリニー伯の勢力拡大からシャルル9世を守るためにカトリックの首領と手を結び,1572年8月24日,サン=バルテルミ祭の鐘を合図にコリニー以下の虐殺を行なった(サン=バルテルミの虐殺)。



楽天市場検索: