操作

オリゲネス

(Origenes Adamantius, 185年頃 - 254年頃)

アレクサンドリア派の代表的神学者。アレクサンドリアのクレメンスの教理問答学校 (アレクサンドリア教校 ) でキリストについて学ぶ。またギリシア哲学者の著作をも研究し,プロチノスの師アンモニオス・サッカスの講義も聞いたらしい。正統的キリスト教徒を志した彼の学説は,キリスト教の教義とプラトン的,新プラトン主義的哲学との融合の試みのために,異端的見解をもつにいたり,特に聖子従属説流出説の影響が著しい。しかしオリゲネスはキリスト教の枠のなかに哲学上の観念を採用したのであり,その意味でキリスト教初の偉大な体系的思索家としての立場をそこなうものではない。彼はきわめて多作であり,後代への影響は大きかった。著作には散逸したものも多いが,なおかなりの量のものが残っている。

主著は『原理論』Peri archōn,『ヘクサプラ』 Hexapla