操作

アレクサンドリア教校

Catechetical School of Alexandria

2~4世紀のアレクサンドリアにおけるキリスト教の教育機関。

初めは受洗希望者のための簡単な教理教授機関であったが,アレクサンドリアは一般に学問が盛んで,キリスト教信者の間にも学問的に教理を研究しようとする傾向が強かったため,やがて信仰生活の実践的指導というより教養の完成としてのキリスト教の学問的伝授を目的として学院としての内実がそなわっていったと考えられ,神学の研究の前に幾何学,生理学,天文学,哲学(特にプラトン,アリストテレス) ,倫理学が教えられて,これがアレクサンドリア学派の拠点となった。クレメンスオリゲネスがその代表者でギリシア哲学とキリスト教との総合の問題もこの教校でいちはやく取上げられた。しかしこの後の学院としての発展を初期の教理教育機関と区別し,後者のみがアレクサンドリア教校とされることもある。